TRIPCYCLE

TRIP CYCLE<STAFFブログ> | 横須賀市三春町のスポーツ自転車専門トレックコンセプトストアー「TRIP CYCLE」クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクはご相談ください!2018モデルエモンダSLおすすめです!!

TREKProfessionalShop
ブログ
2015年07月10日 [自転車入荷情報]
7月9日に東京・南青山でNEW MADONEの発表会がありましたのでそちらへ行ってきました。

受付
もうすでにワクワクです。
受付を済ませて会場に入るとそこにはバラバラにされてしまったマドンの姿が!
カットモデル1
カットモデル2
カットモデル3
カットモデル4
フォーク1
フォーク2
今回のモデル最大の特徴でもある"MADONE ISOSPEED"の部分がよくわかりますね!
このカットモデル、個人的に凄く欲しいです・・・。流石に自分でフレームを買って切るなんて出来ませんからね。
フォークも専用ブレーキキャリパー取付台座、そしてコラムが円形でない専用の形状になっております。
側面の平らな部分の横にケーブルが通る仕組みです。

そして時間になり、サイクルライフナビゲーターの絹代さんの司会でTREK JAPANの田村芳隆社長のご挨拶。
田村社長
田村社長とは何度もお話はしているのですが、若くてエネルギッシュな方です!
TREK JAPANの社員の方はレースに出場したりとガンガン乗る方が非常に多く田村社長もガンガン乗るようです!
負けてられないですね。

おっと、話がそれてしまいました。

このあと野口忍さんがプレゼンテーションで他社では真似できない労力と技術を駆使したNEW MADONEを説明して頂きました。

そしてゲストの登場!!
まさか予想してなかった別府史之選手!そして俳優の鶴見辰吾さん!
座談会
実はトークショーの前にすでにテーブル席でまったりしていたモデルの日向涼子さんもいたんですけどね(笑)

本人が今までのMADONEに乗って他のチームメイトがNEW MADONEに乗って走っていた時に前のチームメイトはスーっと前に離れていってしまい、
後ろに居たチームメイトはしょっちゅうブレーキをかけていたそうです。
普通集団の真ん中に居た場合、空気抵抗は少ないはずなのにこれだけ違うのか!と驚いたそうです。

日向涼子、別府史之、鶴見辰吾お三方
鶴見さんは歴代マドンを買い続けていて、この新しいマドンでどれほどの違いが出るのか待ちきれないとのこと。

トークショーが終わった後にポストカードに別府選手のサインを頂きました♪
これと合わせてNEW MADONEのカタログはお店で見ることが出来ますので気になった方はぜひ来店下さい!

そしてやっぱり気になるのは新車・・・の前に別府選手のBIKE!
別府BIKE
実は急遽持ってきていただいたとのことでホイールは普段とは違うものが装着されているようです。残念。
別府bike1
よーくみるとハンドルがキラキラしてますね。すごく綺麗です。薄いんですけど太い!
別府bike2
実はH1フィットではなくてH2フィットだそうです。
別府bike4
固定ボルトの上にハンドル幅の420mmの文字。ステムの下にあるのは専用のスペーサーで分割できるようになっています。
別府bike5
別府bike6
ハンドルをきると逃げのためにブレーキキャリパーのカバーが飛行機のフラップのように動きますが
通常の走行では動くことは無いですね。Uターンするときなどの数km/hでハンドルを切る状況でやっと動作する感じです。
別府bike7
当たり前ですがゼッケンを付けるプレートがRブレーキワイヤーが出てくるところの上にありますね。
別府bike3
BEPPU
日の丸に"BEPPU"の文字がカッコイイ!

そしてカタログに掲載されているMadone RSL H1
マドン1
テールライトを付ける場所もあるので安心!"Flare R"を付けて昼間でも安全に走りましょう!
マドン3
マドン4
マドン6
マドン7
マドン8
こちらのサイズはヘッドチューブも相当短く、リアブレーキの部分が凹んでますね。
このように小さいサイズでも、大きいサイズでも全て同じ剛性や快適性を保っています。
これは昔からTREKはやっていることであって、これが当たり前なんですよね!
マドン9
9.5もシンプルなデザインで良いですね!でもTREKのロゴはもう少し目立たせてもいいのではないでしょうか?

1時間半ほどでしたのであっという間に時間が経ってしまいました。
もう少し見ていたかったのですが残念です。
でもお店には7月下旬か8月上旬にMadone9.2が入荷予定なので早く来て欲しいです!
Project Oneは8月頭に予定しているようですがこれだけ素晴らしいものだと納期に時間がかかりそうですね!
注文できる日が待ち遠しい。

そしてMTB好きな私としては"Top Fuel"と"Procaliber"も新型が出ましたのでそちらも非常に気になる所。
2016年モデルは目が離せない!

TRIP CYCLE 安濃田

PageTop

お問い合わせはこちら