TRIPCYCLE

TRIP CYCLE<STAFFブログ> | 横須賀市三春町のスポーツ自転車専門トレックコンセプトストアー「TRIP CYCLE」クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクはご相談ください!2018モデルエモンダSLおすすめです!!

TREKProfessionalShop
ブログ
2016年02月02日 [WORK DIARY]

意外と重要な『フェイシング』作業

今回は当店で購入したサスペンションや新しいフレームへのコンポ乗せ換えなどで行うフェイシング作業の様子をご紹介。
フェイシングとは面取り作業のことをいいます。主にBBやヘッドの部分で行います。
フェイス面が整っていないとBBアダプターやヘッドセットが真っすぐに装着できず、
ペダリングやハンドルの操作性が重くなったりして、ベアリングへの負担も増えてしまいます。
フェイシング前(面に塗装がありますね)
ヘッド

フェイシング中(専用工具で削ります)
フェイシング中

フェイシング後(ピカピカ)
フェイシング後
フェイシング後2

ヘッドと同時にフォーククラウンレース部のフェイス出しも行います。
フェイシング前(塗装ムラがあります)
クラウン

フェイシング中(専用工具で削ります)
フェイシング中2

フェイシング後(ピカピカ)
クラウンレース
クラウンレース2

これを行えばハンドルは気持ちいいぐらいクルクル、スムーズに回ります。
ヘッドパーツの寿命も一気に延びます。
(それでも定期的にオーバーホールはしてくださいね)

当店ではBBやヘッドのほか、ディスクブレーキ台座のフェイシングも行っています。
フェイシングによって、ブレーキの性能100%発揮できます。
フェイシング前
ブレーキ台座

フェイシング後
ブレーキ台座3
ブレーキ台座2
どんなにいいブレーキ使っても、ローターとキャリパーの位置が合っていないとブレーキ性能も落ちてしまいます。
これらを防ぐために専用工具を使い、フェイス面の歪みやペイントの付着による不整断面を修正します。
工具
工具2
ParkTool ディスクマウントフェイシングツール ¥92,124(税込)
高い…ご要望があればお取り寄せできます。

この専用工具が意外とお値段が高く、全て揃えたら何十万円とかになります。
なかなか自分でやるって訳にはいかないのでご要望の方はご相談ください。
当店お買上げ自転車以外も修理・オーバーホールなど受付けてますのでお気軽にご来店ください!

工賃表はこちらをクリック(一部です)

PageTop

お問い合わせはこちら