TRIPCYCLE

TRIP CYCLE<STAFFブログ> | トリップサイクル|横須賀市三春町のスポーツ自転車専門店(横浜市金沢区・葉山・逗子・鎌倉)

TREKProfessionalShop
ブログ
2018年02月12日 [WORK DIARY]

TREK電動アシスト自転車『VERVE+』(ヴァーブプラス)試乗車

日本では電動自転車と言えば、ママさんが子供を乗せて使用していたり、最近では学生が通勤用として使用しているのもよく見ますね。
スポーツバイクの電動アシスト自転車市場は今ヨーロッパを中心に大ブームです。
普通にサイクリングや山を登って下ってきたりと、スポーツ用として増えています。
クロスバイクのタイプはもちろん、マウンテンバイクの電動アシスト自転車も多いんです。
日本にもその波が少しずつではありますがきています。
ただ日本で現在販売されている電動アシスト自転車はスポーツ用として使用できるのは少ないのが現状です。

今回TREK(トレック)から発売される『VERVE+』(ヴァーブプラス)は今までの電動アシスト自転車とは一味違うテイストになっています。
詳しくはこちらをチェック↓
http://www.tripcycle.jp/businessblog/197_2017-12-02_18-10-00.html

『VERVE+』ヴァーブプラス


■『VERVE+』ヴァーブプラス試乗車

VERVE+は人気のクロスバイク『FX3』でも使用している、Alpha Gold Aluminumを採用。
振動吸収性が高く、軽量性にも高い。
重量は20.5Kg(18.5”)。通常の電動自転車に比べてかなり軽いです。普通の自転車ママチャリより少し重いくらいですね。

ポイントはここ。普通のクロスバイクと同様のフレームジオメトリーに近いので剛性もしっかりしていて安定感がすごく良くなります。
通常の電動自転車だと大体リアタイヤとシートチューブの間にバッテリーが配置されていてどうしてもリアセンター(クランク軸からリアホイールの軸距離)が長くなってフレーム剛性も落ち、乗り味がどうしてもダラッとした感じになってしまいます。
実際私も普通の電動アシスト自転車持っていて乗っていたんですが、リアにチャイルドシート付けて子供乗せて走ると、重量も重くなってフレームがねじれるのがわかります。
フレーム剛性がないと安定性が悪くなるのと、力伝達効率も悪いです。踏んでも進みません。
今はTREK『FX3』にチャイルドシート付けて乗っています。実際私の場合こっちの方が平地も坂道も全然楽ですね。
もう普通の電動自転車は正直乗れません(笑)
用途によっては一般的な電動アシスト自転車もいいですよ。
ただ一度VERVE+を試乗してみてください。違いが分かるはずです。

『VERVE+』ヴァーブプラス
航続距離100Kmまでアシスト可能なので三浦半島1周することも可能ですね。
一回の充電でこんな長い距離走れるのも魅力的ですね。
こちらは今度実際に走って、実走レポートしたいと思います。


『VERVE+』ヴァーブプラス
BOSCHの講習会に参加してトレーニングもしてきたのでパワーユニットについても安心してください。
『VERVE+』ヴァーブプラス
お店のパソコンで健康診断もできます(笑)
普通の自転車と一緒で定期的な点検整備が必要ですね。

トリップサイクルで購入の自転車は生涯無料で定期メンテナンスできます。
他店購入車でも有料にはなりますがお受けしてます。


試乗には写真付き身分証明書が必要になります。
20才未満の方は保護者の同意書が必要になります。(同意書はお店にあります)


  • Facebook
  • Twitter
  • PageTop

    お問い合わせはこちら